酵素を意識した食事を

酵素を意識した食事を

食と健康を考える際に最も気になるのが栄養素ですが、栄養素のほかにも意識したいのが酵素です。

最近はこの酵素に免疫力の向上や代謝の促進といった健康に過ごすために大切な機能が豊富に含まれることで大変注目されています。

ビタミンやミネラル、たんぱく質といった栄養素ばかりを意識するのではなく、酵素の豊富な食事をぜひ積極的に取り入れましょう。

酵素は熱によって壊れてしまいますので、生か熱を加えるなら短時間で調理することが大切です。

酵素の豊富な食材は生の野菜や魚、発酵食品、豆類、海藻類です。

これらの食材をできるだけ生のまま食べるようにしましょう。

私は季節に合わせて旬の野菜や魚をできるだけ生のまま食べるようにしています。

野菜であれば、野菜スティックやサラダ、魚はお刺身、海藻サラダなどです。

春であればアクの強い野菜が多いのでなかなか生のまま食べるのは難しいのですが、春キャベツなら柔らかく甘みもたっぷりですから、ぜひ生のまま食べてみてください。

また、春先に出回る新玉ねぎは血液をサラサラにする成分アリシンが豊富に含まれています。

繊維に沿って薄切りにして鰹節をかけてしょうゆで食べるのがおすすめです。

夏ならばキュウリやナスをぬか漬けにしましょう。

キュウリはそのままですとビタミン類が少ないのですが、ぬか漬けにすることで、ビタミンAやビタミンCが豊富になります。

夏が旬のアジはぜひ生のまま、刺身やたたきでどうぞ。

そして一年中おすすめなのが納豆です。

納豆はそのままでは消化の良くない豆を発酵させることで消化も良く栄養価もグッとアップした優れた健康食品と言えましょう。

毎朝食べることを習慣にすれば腸内環境も良好に保てますし、便秘や肌荒れとも無縁です。

いづれにしても酵素を意識した食事のポイントはできるだけ生のままで、旬の食材を手を加えすぎないで食べることです。

旬の食材は鮮度も食材そのものの味わいも最もおいしい状態ですからあまり手を加えすぎないことが結局おいしく食べられますし、酵素も豊富なまま取り入れることができるというわけです。

2017年12月18日|