医食同源 健康で長生き食事法

若く見えるポイントは肌のハリ

お肌の悩みはさまざまですが、30代を過ぎるころから多くの方を悩ませるのがいわゆる年齢サインというものですね。

しわやたるみ、シミ、ほうれい線、毛穴の開きなどですが、これらの多くは年齢とともにお肌の新陳代謝が衰えることと関係しています。

年齢のせいだから仕方がないとあきらめる方が多いですし、ある程度仕方のないことではあるのですが、あきらめたらどんどん年齢からくる悩みは増えるばかりです。

女性はいくつになても輝いていたいですし、本人の心がけと努力次第でいくつになても輝き続けることはできます。

あきらめてしまっては、そこで終わりです。

あなたは今年50歳だとしましょう。

50歳のあなたが高校時代の同窓会に出席する場面を想像してみてください。、

高校時代の面影があり、名前と顔が一致する、あるいは高校時代の思い出が一気に浮かんでくるという人もいれば、誰なのか全くわからず、名前をきいて、「ウソだろ・・・」という人もいるでしょう。

また、同じ50歳とは思えないほど、若々しく、エネルギッシュで30代にしか見えないという人もいるかもしれません。

このように、同じ50歳同士でもなぜ見た目の違いがあるのでしょうか。

それは日々どのような生活スタイルであるか、また女性であればどんなスキンケアをしているかなども大きな要素となるでしょう。

女性が若々しく見えるかどうかのポイントはいくつかありますが、大きなポイントはお肌にハリがあるかどうかです。

肌のたるみやしわの悩みも、肌のハリが不足しているから起こるものです。

肌のハリが不足するのは、お肌の土台でもある皮下組織の筋肉、表情筋が衰えることと、皮下組織の上にある真皮層を構成しているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが減少したり、崩れたりするからです。

ここまでの話を聞いて、「だからコラーゲンドリンクも飲んでいるし、コラーゲンたっぷりの鶏の煮込みなんかもよく食べているし・・・」なんている方もいるかもしれません。

お肌のハリを取り戻すには、お肌にコラーゲンがたっぷりと存在していれば、ぷるぷるのお肌になって、ハリが戻ってくると思うのも無理もないことではあります。

でも、残念ながら、コラーゲンを口から摂取してもそのコラーゲンがお肌のコラーゲンとなるわけではありません。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですから、口から摂取すると胃腸でアミノ酸に分解、吸収され体の各部に届けられます。

また、コラーゲン配合の化粧水や美容液をお肌に塗っても、化粧品は真皮層までは届きませんから、角層にしみこんで保湿成分として作用するだけです。

では、ハリを取り戻す方法はないのでしょうか?

50歳の方が20歳のころのハリを取り戻したいということであれば、これはもう美容整形しかないのですが、少しでも若々しく、「50代でも40代前半にしか見えない!」という程度であれば、できないわけではありません。

このような消極的なスキンケアではなく、もっと積極的に若々しいお肌を取り戻しつつ、キープしようと考えることをおすすめします。

ポイントは、コラーゲンやヒアルロン酸を補うことではなく、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す肌細胞に働きかけること、そして皮下組織の表情筋を鍛えることです。

2017年12月27日|

健康のためにももっと水を飲もう

食事と健康とは切っても切れない関係がありますし、医食同源とはまさに食事が健康の基礎であり、食事にしっかりと気を配れば医者を遠ざけることができるといってもよいでしょう。

これを考えると皆さん食材にはしっかりと注意を払い、新鮮な食材でビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養バランスを考えてメニューを確認してお料理する。

これが基本ですが、もう一つ大切なのは普段どんな水分補給をしているかということです。

お料理には水分が含まれていますが、それ以外に、喉が渇いたときにどんなものを飲んでいるのかということを一度じっくりと見直してみましょう。

お茶やコーヒーもリラックス効果という意味では結構ですが、本来の意味での水分補給にはなりません。

というのはお茶やコーヒーには利尿作用があり、例えばコーヒーを一杯、150ミリ飲むと160ミリの水分が尿となって放出されるといわれています。

コーラやジュース類は水分補給になるようで実は糖分も多く気になるところです。

やはり、水分補給の基本は水そのもの、ミネラルウォーターです。

この何も味もついていないそのままの水を夏なら一日に2リットル、涼しい秋冬なら1リットル程度は飲みましょう。

水分補給が十分でないとせっかく食事で摂取した栄養もうまく庄か吸収されないのです。

水分補給が不十分であるがために起きる弊害は熱中症や日射病がよく知られるところですが、脳梗塞や脳卒中も水分不足によって血流障害や血栓ができることによるものと言われています。

こうした病気のほとんどは普段からしっかりと水分補給する習慣があれば防げるものですし、重症化も防げるのです。

また水を飲むといっても水道の水はトリハロメタンなどの有害物質の心配や放射性物質の混入の心配もあります。

健康面から考えればやはり加熱処理されていない天然水が最も理想的と言えましょう。

加熱処理しないお水の安全性を心配される方がいますが、加熱殺菌しない天然水はそれだけ原水の安全性が高くないと保健所の許可が下りませんから、それだけ清澄で高品質な天然水と言えるわけです。

加熱殺菌したお水は水が本来持っている活性が失われていますし、何よりお水本来の味わいも失われています。

おいしく食べて飲んでなおかつ健康的にということでなければやはり人生の楽しみも半減して今います。

多少お値段が張っても非加熱の天然水を飲みたいものですが、店頭にはなかなか並んでいませんから、ウォーターサーバーの契約をおすすめします。

ウォーターサーバーのお水は産地直送で自宅まで宅配してくれるので非加熱の天然水をとても便利に楽しむことができます。

2017年12月21日|

酵素を意識した食事を

食と健康を考える際に最も気になるのが栄養素ですが、栄養素のほかにも意識したいのが酵素です。

最近はこの酵素に免疫力の向上や代謝の促進といった健康に過ごすために大切な機能が豊富に含まれることで大変注目されています。

ビタミンやミネラル、たんぱく質といった栄養素ばかりを意識するのではなく、酵素の豊富な食事をぜひ積極的に取り入れましょう。

酵素は熱によって壊れてしまいますので、生か熱を加えるなら短時間で調理することが大切です。

酵素の豊富な食材は生の野菜や魚、発酵食品、豆類、海藻類です。

これらの食材をできるだけ生のまま食べるようにしましょう。

私は季節に合わせて旬の野菜や魚をできるだけ生のまま食べるようにしています。

野菜であれば、野菜スティックやサラダ、魚はお刺身、海藻サラダなどです。

春であればアクの強い野菜が多いのでなかなか生のまま食べるのは難しいのですが、春キャベツなら柔らかく甘みもたっぷりですから、ぜひ生のまま食べてみてください。

また、春先に出回る新玉ねぎは血液をサラサラにする成分アリシンが豊富に含まれています。

繊維に沿って薄切りにして鰹節をかけてしょうゆで食べるのがおすすめです。

夏ならばキュウリやナスをぬか漬けにしましょう。

キュウリはそのままですとビタミン類が少ないのですが、ぬか漬けにすることで、ビタミンAやビタミンCが豊富になります。

夏が旬のアジはぜひ生のまま、刺身やたたきでどうぞ。

そして一年中おすすめなのが納豆です。

納豆はそのままでは消化の良くない豆を発酵させることで消化も良く栄養価もグッとアップした優れた健康食品と言えましょう。

毎朝食べることを習慣にすれば腸内環境も良好に保てますし、便秘や肌荒れとも無縁です。

いづれにしても酵素を意識した食事のポイントはできるだけ生のままで、旬の食材を手を加えすぎないで食べることです。

旬の食材は鮮度も食材そのものの味わいも最もおいしい状態ですからあまり手を加えすぎないことが結局おいしく食べられますし、酵素も豊富なまま取り入れることができるというわけです。

2017年12月18日|

肝機能を強化する食事(魚料理)

肝機能を強くする食事の基本は高タンパク低カロリーです。

若い女性はとかくダイエットを意識するあまり、肉や脂肪を避ける方がいますが、良質なたんぱく質と脂肪は肝機能を高めるだけでなく、若々しく活力ある毎日を送るためにも大切です。

オススメなのは一日に100グラム程度の肉料理を必ずメニューに取り入れること。

ただ、肉ばかりを食べるのも飽きてくるのですよね。

そこでおすすめは魚料理です。

背の青い魚は高たんぱく低カロリーですが独特のクセが苦手という方もいるでしょう。

でも、これはお料理しだいです。

また、新鮮なものほどにおいもクセも感じられないので、鮮度には気をつけたいものです。

たとえば初夏から梅雨明けくらいまでならば新鮮なアジを買い求め、お刺身、たたき、なめろうなどいかがでしょうか?

なめろうは猟師料理ともいえるものでアジを骨ごと包丁で細かくたたいて味噌、しょうが、ねぎ、みょうがなどと混ぜ合わせたものです。

お茶漬けに乗せてもとてもおいしいですよ。

生が苦手という方にはアジフライ、てんぷらがおすすめです。

このように肝機能に不安のある方は良質なたんぱく質食材である肉や魚、卵、乳製品を少量づつでも毎食取り入れるようにしたいものです。

また畑の肉とも言われる豆類、豆腐、納豆などもおすすめです。

豆類は一般に消化はよくないのですが、豆腐や納豆は消化もよく、料理しだいでさまざまな味のレパートリーも出せると思いますのでおすすめです。

豆腐も油との相性もよく豆腐自体は低カロリーですから、さまざまな食材トン組み合わせることでメインのメニューにすることもできるとても便利な食材ですね。

2017年12月15日|

高血圧治療を意識した食事

高血圧とは、普通、原因が明らかではない本態性高血圧症のことをいいますが、この病気は遺伝が強く関係し、一種の体質的な病気とみなされています。

このような体質の人が長い年月の間に塩分の摂りすぎ、過食や運動不足による肥満、心身の過労、また寒冷な土地に長く生活するなどの要因が重なると、働き盛りの30代後半あたりから現れ始めます。

高血圧症と診断されて治療を開始するにあたっては、一番重視するのは毎日の食生活の管理と運動です。

この管理がうまくいけば治療の効果の現れ方が全く変わってきますし、不幸にして体質的に高血圧の遺伝を受け継いでいたとしても、早期にこれらの治療を開始することで十分に間に合うものです。

食事療法のポイントは、動脈硬化と肥満を避け、減塩食に切り変えることです。

減塩食というと味が薄く物足りないものと考える方がいますが、和食であればだしをしっかりと取ることでしょうゆや塩、みそを控えめにしてもうまみをしっかり感じることができますし、洋食でもじっくり煮込むことで味をしっかりと感じることができるようになります。

メニューのポイントとしては栄養のバランスをとり、薄味に調理する事です。

炒め煮などのように油でいためてから味付けすれば薄味でも十分にコクを出せますし、肉、魚、たまご、牛乳、豆腐などのタンパク質、緑黄色野菜でビタミン、ミネラルをしっかり補給してまた、海藻類も積極的に摂るようにしましょう。

薄味の物足りなさは調理の工夫次第で味にアクセントを付けたり濃いだしを使用することで十分満足感の高い食事にすることは可能です。

2017年12月 8日|

肝機能強化の食事(肉料理)

肝臓は沈黙の臓器といわれ、少しくらいの障害では症状が現れません。

しかし、少しでも疲れを感じるようになったり、お酒が弱くなったと感じたら医師の診察を受けましょう。

また栄養バランスのとれた食事も大切で、肝臓機能を強くする食事としては高カロリーで高タンパク、高ビタミンが基本となります。

ただし、高カロリーと言っても糖質の摂り過ぎには気をつけましょう。

糖質の摂りすぎは肥満の原因となりますし、内臓脂肪の原因となり、脂肪肝の原因となります。

油はサラダ油やオリーブオイル、ごま油などの植物油を中心としましょう。

栄養のバランスをとるために、たんぱく質食品をとる時には必ずビタミンの豊富な緑黄色野菜をたっぷりと添えるようにしましょう。

料理の例としては焼き豚のサラダ添えなどいかがでしょうか?

豚のロース肉やもも肉をかたまりで調理します。

表面をフライパンで焼き目をつくまで炒めてから醤油大さじ5、砂糖大さじ2、酒大さじ3、水3カップの煮汁で2時間ほど柔らかくなるまで煮込みます。

煮あがったら煮汁が冷えるまで漬け込み味をしみこませてから薄切りにして盛り付けます。

サニーレタス、トマト、ブロッコリー、アスパラガス、セロリを食べやすく切って添えてください。

汁物は大根と揚げ鳥のスープにしましょう。

鶏のモモ肉を一口大に切って酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩小さじ1、こしょう少々に漬け込み30分ほどなじませてから、片栗粉をまぶして170度の油でカラリと揚げましょう。

中華スープを用意して大根とにんじん、ネギの千切りを柔らかくなるまで煮込み、先ほどの揚げ鳥を浮かべて完成です。

緑黄色野菜と良質のたんぱく質、ビタミンが豊富で肝機能強化にピッタリの食事ですので是非お試しください。

2017年12月 5日|

最新情報